昔から、法事のことを“おともらい”と言います。“おともらい”とは、訪れる。何を訪れるかというと、亡き方・亡き方の想いを訪れるということだと思います。
 人は死んだら終わりでしょうか?それでは、あまりにも悲しすぎます。浄土真宗では、人は死んだら仏様になるといわれます。そして、私どもの所に帰ってきて、私どもを救い導いて下さるといわれます。
 自分にとって大事な方の葬儀をやって終わり。ではないのです。亡き方の私への想いを訪れ聞かせて頂く。そして大切な方の死を通し、阿弥陀様の私への想いを聞かせて頂く。この私がどれほどのおかげ様の中で生かさせられているかを聞かせていただく。そうした中で、仏様の教えや救いは、人ごとではなかったと知り、おかげさま・お念仏とともにある生活をよろこばせて頂く私に育てられていく機縁が、毎日のお内仏参り・お寺への法要参りだと思うわけです。
​ 法要や学びの会のご案内をご覧ください。